引っ越し費用を借りたい|一時的な出費ならこの方法で乗り切れます!

意外とかかる引越し費用

引越し費用を短期間の利用限定で借りる方法を厳選してみました。
急な単身赴任が決まったり、大学生の子どもを持つ親、新社会人で新しい部屋を借りる人も多いと思います。しかし、引越し費用は意外とお金がかかるものです。見積もりを取ってみてはじめて高額な費用がかかるのを知った方の中には、引越し費用を準備できなかったケースもあると思います。一時的な融資ならこんな方法がありますよ!という内容を幾つか紹介します。

そもそも引っ越し費用はいくらくらいかかるのでしょうか?

独身の一人暮らし程度なら数万円からあるようですが、家族単位になると10万円を超えることも珍しくありません。はじめて引越する人にとって、こんなに費用がかかるとは思っていない方もいるでしょう。また引越し費用は3月や4月など忙しい時期は割増料金となることも予想できます。大まかな費用を知らないと後々お金が足りないことにも繋がります。また費用にはオプションも多く、エレベーターが使えないケース・深夜や早朝割り増し・作業員の追加費用・片付けやゴミの処分なども考えておくとよいでしょう。特に高くなるのは2月、3月土日祝日は混み合い易く、時間帯は午前中が人気となっています。

 

ローン会社

まずは30日間無利息キャッシング

まず引越し費用が足りなくなったら、30日間無利息のキャッシングの利用を考えてみましょう。引越し費用の不足といってもそれほど高額な費用では無いと思いますから、短期で返済することができるはずです。それなら30日間無利息で利用できる大手消費者金融を利用してみましょう。これらのサービスを利用する上では幾つかのポイントがあります。

初回利用であることが条件
無利息適用のための細かな条件もアリ
業者により1日目の適用が異なる
30日間以内に返済すれば本当に無利息

 

初回利用であることを最低限の条件としている金融業者は多い!

はじめて利用する人向けのサービスは、何度も使えるものではありません。大手消費者金融で30日間無利息が利用できるところも数社程度ありますから、その中から選びましょう。
次に業者によって条件が異なるため注意してください。返済方法が限定されていたり、メールアドレスの登録が必須WEB明細を選択するなどです。また無利息となる1日目の数え方は、契約日であるか融資利用日であるかも注意しなければなりません。気になる方はカードを作ったその日に融資の申し込みもすると良いでしょう。
これらのサービスは本当に条件を満たせば30日間無利息となります。引越し費用を来月返済できそうな方は、この金融商品を賢く使うことをおすすめします。

プロミスの自動契約機を利用する方法

急に週末に引越が決まった時などに便利なのが、プロミスの自動契約機です。この方法が一番早く契約でき、融資できる時間帯も長いため早くお金を手に入れることができます。
プロミスの自動契約機を使う上で確認したことは次のとおりです。

  • 審査は最短30分だが、余裕をもって1時間〜2時間見ておくとベター
  • 事前にネット申し込みをしておくとより早い
  • 自動契約機の営業時間を確認する

プロミスでは最短30分ほどで審査が完了すると公式ホームページに記載されています。しかし実際には1時間程度かかることもあるため、時間に余裕を持って申し込みをしてください。また自動契約機の稼働時間を考えて、審査や申し込み手続き・自動契約機までの移動時間を把握し、逆算して申し込みをすると良いでしょう。事前にネット申し込みしておくと、自動契約機の前で長く待たされることはありません。
最後に営業時間ですが、土日祝日も22時程度まで対応するところが多いようです。一部店舗では営業時間が異なるため、必ず自宅近くのATMの時間帯をチェックしておくようにしましょう。もし手続きが間に合わないと融資が翌日に繰越となってしまいます。
また注意したいのが自分の会社で在籍確認が当日できるかです。会社が休みなら対応できませんし、夜間でも人がいないなら融資利用は翌日に持ち越されることが多いようです。

 

ローン会社