生活福祉資金での融資

生活福祉資金での融資

市町村役場によっては低所得、または障害をお持ちの方に対し資金の貸付をしていることがあります。生活費の一部、引越しの費用なども対象となるため相談してみましょう。生活保護を利用するほどではないが、一時的に生活に困っており費用が足りない場合は国から融資を受ける制度もあります。

  1. 低所得者が対象となる融資
  2. 障害者世帯で利用できる
  3. 高齢者世帯の介護費用として

 

これらの条件に満たされる場合は、一時的な生活費の一部を融資してもらうことができます。申請はお近くの市町村役場にて、手続き終了までは2ヶ月近くかかることもあるため早めに申請してください。
また、離職者を対象とした臨時特例つなぎ資金の貸付制度も平成21年度より始まっています。上限は10万円、保証人が不要で無利子で利用できるため相談してみましょう。お近くの福祉事務所、またはハローワークにて相談を受け付けています。
どちらのケースでも多少手続きが面倒ですが、低金利または無利子なのが特徴的です。引越する事情があり、それまで期間が開いているなら申請してみる価値はあるでしょう。引越しの費用として使う金額が不足しているなら、一時的な借入先としても利用できる可能性があります。